料理教室のレポート

■ 第60回「定番料理教室」
[2017年7月8日(土)開催]

今回は洋食のおもてなし料理をご紹介しました。

“生春巻き”は、ライスペーパーの取り扱い方、巻き方に少し苦戦されているようでしたが、何度も繰り返していくうちにコツをつかんでいました。戻す際は、やや硬めの状態で水から取り出すことがポイントです。また、薄い皮から海老が透けて見えるため、この1品でとても華やかになります。

“ヴィシソワーズ”は、じゃが芋と牛乳で作る冷たいポタージュのことを言います。今回は豆乳を使用して、ヘルシーに仕上げていきました。
電子レンジを使用した為、手間もかからずご家庭でも簡単に作れる1品です。今からの暑い時期にはひんやり冷たいスープがオススメですよ。

 “手作りフライパンピザ”は、薄力粉を使用して作っていきました。生地をうまく作る為のポイントは、生地のベタつきがなくなり、なめらかになるまで手でこねていくことです。
コネが足りないと、粉っぽい生地になるので注意が必要です。火加減にも注意しましょう!また、ベーキングパウダーを使用するため発酵の必要がなく、1時間程度で完成するのも利点です♪ちょっとしたおもてなしにいかがですか?

“鯛のアクアパッツァ”は 白身魚を焼き、あさりやトマト、オリーブなどとともに水や白ワインで煮たものを言います。魚をふっくらと炊き上げるコツは、貝やトマト、バジルなどの旨みを魚に吸わせるようにスープを回しかけながらゆっくり火入れしていくことです。今回は鯛を使用しましたが、色々なお魚で作れますのでぜひ実践してもらえたらと思います。

デザートの“マンゴーとアイスのタルト”はタルト生地に餃子の皮を使って作りました。
マンゴーだけではなく、お好みの果物とアイス、カステラやスポンジ生地と混ぜ合わせるだけの手軽なデザートになります。

内容も量もボリュームのあるメニューでみなさん、満足されていました。
次回の料理教室が最後になります。皆様のご参加心よりお待ちしております。


 


献立

生春巻き、シーザーサラダ、ヴィシソワーズ(じゃが芋の冷製ポタージュ)、手作りフライパンピザ、鯛のアクアパッツァ、マンゴーとアイスのタルト

・生春巻き
・シーザーサラダ
・ヴィシソワーズ(じゃが芋の冷製ポタージュ)
・手作りフライパンピザ
・鯛のアクアパッァ
・マンゴーとアイスのタルト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

料理教室を終えて


アンケート用紙には、

・「アクアパッツァは魚料理のレパートリーに加えたいと思いました。とてもおいしかったです。」

・「おもてなし料理として大満足でした。冷製ポタージュなど難しそうに感じるメニューも以外と簡単にできてよかったです。ありがとうございました。」

・「全ておいしい料理でした。ありがとうございました。」

とありました。

 

料理教室の様子
料理教室の様子
料理教室の様子
料理教室の様子
料理教室の様子
サブウィンドウを閉じる